中高年の仕事探し決定版

確実な採用を目指す中高年向け求人サイトの活用

採用に結び付くポイントただでさえ就職難のこの時代に中高年というリスクを背負って転職するには相当の情報収集力が求められます。求人サイトを活用して信頼できるエージェントを探し自分の強みや弱みを客観的に見てもらうことも必要でしょう。その上で自分に合った就職先や面接での対策を共に考えることが出来ます。中高年ならではの経験を活かし面接に臨みましょう。

働きたい中高年たちへ働きたい中高年たちへ介護業界で働いていた経験を持ち、現在は自分の親の介護をするため現場から離れていますが、面接官の経験があり自分自身も中高年であるため、同じ中高年の方々にお役に立てればと思い当サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはmaturefindjob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

採用に結び付くポイント

採用に結び付くポイント

今は、就職難と言える時代です。今の職場に不満を覚えたり、倒産やリストラなどでやむなく転職する中高年は増えています。若年層でさえ就職が難しい中、中高年層の転職はかなり厳しいものがあります。しかし、見方を変えると、今までのスキルや実行力が認められるケースも少なくはありません。中高年層が転職で確実に採用されるためには、転職に関しての様々な情報収集がカギになるといえます。インターネットでの求人サイトは転職情報を網羅出来ると言っても過言ではありませんので活用をおすすめします。

情報収集力が問われる

MORE

情報収集力が問われる転職を考えた時に、昔ながらの紙面ベースでの求人探しは情報量が少ないうえ、中高年層が応募出来る企業は圧倒的に少なくなります。インターネット社会の今、転職に関しての情報収集は求人サイトの活用が当たり前になっています。情報量の多さはもちろんの事、専属コンサルタントによるフォローで転職する際にかかる様々な負担を軽減する事も出来ます。採用に至るまでに情報収集がどれだけ出来るかが大切になりますので、一度求人サイトを覗いてみましょう。

エージェント活用の必要性

MORE

エージェント活用の必要性大手の転職サイトは人気もあり、求人登録数はとても多くなっています。しかし、その人数の多さから、良い求人情報が出るとたちまち倍率も高くなってしまいがちです。その為、なかなか内定を取れない悩みも出てきます。その様な時は、競争率の低い中小の求人サイトや転職エージェントの利用が採用への近道となります。転職エージェントは担当者が転職相談や履歴書作成、面接時のマナー、付き添いなど完全サポートしてくれる事も利点です。中高年層の転職は失敗は出来ませんので、この様な転職サービスをフル活用しましょう。

経験を活かした自己PR

MORE

経験を活かした自己PR面接や書類選考での自己PRは、今までの功績や専門スキルが無い、弱いと考えがちです。しかし、中高年の転職で求められるのは何が出来るかです。まずは自己分析で自分の強みを知る事が大切です。そこには専門スキルや功績以外にも、実行力やマネジメント能力、コミュニケーション能力などを強みとして挙げることができます。自己PRは簡単に分かりやすくが求められますので、自分の強みをしっかり理解し、相手にうまく伝える事が必要です。自分の強みがどうしても分からない時は、コンサルタントに相談するのもひとつの方法です。

面接は3秒で決まる

MORE

面接は3秒で決まる面接に3秒ルールがある事は一般的にあまり知られていません。熟練した企業の面接官は、最初の3秒で応募者の採用の可否を決めていると言われます。その為、第一印象が非常に大事になります。特に中高年層の転職では、見る目も厳しくなりがちです。その為に、第一印象はしっかりと好印象を与える事が必要です。また、面接中はハキハキした話し方、自己PRは要点を押さえて分かりやすくなど、中高年ならではの経験値を活かした話し方が必要になります。面接が採用のカギとなりますので面接マナーを再度確認しておきましょう。

退職時は機密保持契約に注意

MORE

退職時は機密保持契約に注意転職で現職を退社する際は、揉め事にならないように注意が必要です。特に中高年層の転職は、転職先で前職のスキルを活かした仕事をするようになる事が多いでしょうが、一歩間違うと漏洩問題や不正競争防止法に違反してしまう恐れがある事を忘れてはいけません。また、退職の際に交わした秘密保持契約書は内容を細かく確認する事が、後のトラブルを防ぐ方法にもなりますので、きちんと理解しておきましょう。もし、法に触れる行為があった場合は前職企業から訴えられたり、採用が決まっても解雇通知を受けてしまう危険があります。

当サイト一押しの記事