中高年の仕事探し決定版

採用を決めるなら求人サイトで情報収集しよう

採用に結び付くポイントただでさえ就職難のこの時代に中高年というリスクを背負って転職するには相当の情報収集力が求められます。求人サイトを活用して信頼できるエージェントを探し自分の強みや弱みを客観的に見てもらうことも必要でしょう。その上で自分に合った就職先や面接での対策を共に考えることが出来ます。中高年ならではの経験を活かし面接に臨みましょう。

働きたい中高年たちへ働きたい中高年たちへ介護業界で働いていた経験を持ち、現在は自分の親の介護をするため現場から離れていますが、面接官の経験があり自分自身も中高年であるため、同じ中高年の方々にお役に立てればと思い当サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはmaturefindjob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

情報収集力が問われる

2016.1.1 情報収集力が問われる

近年は就職氷河期と呼ばれ、若い人さえ希望する職に就く事が難しくなっています。といっても、すべての中高年が転職に苦労するとは限りません。ただ、若い人と違って将来に期待する採用にはなりません。中高年に求められるのは何が出来るかです。基本的には経験者採用になりますし、経験のない分野ならマネージメント能力やコミュニケーション能力などが求められるはずです。自分がどんな形で会社に貢献出来るかをしっかり感じさせないと採用に至らないのが、中高年の転職の難しさとなるのです。

情報量が勝負

中高年の転職の方法は、人によってかなり違いがあります。昔ながらの新聞や転職情報誌で求人を探したり、ハローワークを利用する人もいます。また、知り合いのコネを使って転職していく人もいます。しかし、今の時代に最も便利なのは、インターネットで求人が探せる中高年向け転職サイトです。新卒の若者の就職活動と同様、今は転職もインターネットを利用する人が多くなってきています。求人情報を扱う会社のほとんどが転職サイトを設けていて、求人を探す登録者を募っています。
転職サイトの利点は、まず求人探しからアプローチまでをインターネット上で出来る事と、担当コンサルタントのサポートがある事です。更に、求人情報量の圧倒的な多さと、1社当たりの情報量などにあります。インターネットは不得意と言う中高年もいますが、インターネット社会の今、パソコンやタブレットで情報収集や作業が出来ないと不利です。パソコンに触れる良い機会と考え、挑戦してみましょう。

現代の転職には情報収集力が必要不可欠

転職というのは、情報を集め、希望の会社に適切なアプローチが出来たかで結果が変わってきます。集める情報量はもちろん多いに越したことはありませんが、その情報が整理されなければ意味がありません。その点、中高年向け転職サイトは優れていて、幅の広い求人情報から自分に合った求人だけをピックアップして選べたり比較したりする事も出来ますので、情報収集には大変役に立ちます。しかも、登録者には専属のコンサルタントが付いて、転職に関する相談に乗ってくれます。また、希望した企業の内情などについての情報を得られるだけでなく、条件交渉や、面接の付き添いなどを行ってくれる場合もあります。コンサルタントを通してきちんと人柄が分かった応募者を紹介して貰えるので、採用先の企業も安心です。
また、中高年向け転職サイトは、転職希望者には一切費用がかかりません。求人を求める企業側が採用決定した際に料金が発生する、いわゆる、企業側からの成功報酬となります。履歴書作成や、面接マナー、先方が求めている事についてなど、事細かく担当コンサルタントが相談にのってくれますので、安心して転職を行う事が出来ます。転職サイトを上手く利用する事で、転職活動での負担はある程度軽減しますし、採用への近道になるのは確かです。

当サイト一押しの記事