中高年の仕事探し決定版

就職難と言われる時代でも中高年層が活躍できる職種をご紹介しています

採用に結び付くポイントただでさえ就職難のこの時代に中高年というリスクを背負って転職するには相当の情報収集力が求められます。求人サイトを活用して信頼できるエージェントを探し自分の強みや弱みを客観的に見てもらうことも必要でしょう。その上で自分に合った就職先や面接での対策を共に考えることが出来ます。中高年ならではの経験を活かし面接に臨みましょう。

働きたい中高年たちへ働きたい中高年たちへ介護業界で働いていた経験を持ち、現在は自分の親の介護をするため現場から離れていますが、面接官の経験があり自分自身も中高年であるため、同じ中高年の方々にお役に立てればと思い当サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはmaturefindjob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

活躍できる職種一覧

活躍できる職種一覧

中高年層が受け入れられやすい職種として、タクシー運転手・介護士・警備員という3つの業界を紹介しています。若年層や新卒採用が優先される時代でも、まだまだ中高年の強みを活かせることができる就職先があります。あきらめずに求人サイトを利用して、自分の希望に沿った就職先を探しましょう。タクシー運転手の収入の仕組みや、介護士の具体的な仕事内容、警備員という仕事になぜ中高年層が向いているのか、イメージとは逆の実態などをご紹介しています。

面白味のあるタクシー運転手

MORE

面白味のあるタクシー運転手タクシー運転手というと長時間の運転で肉体労働というイメージがありますが、実は気苦労の方が多いのです。最近ではナビが標準装備になっているので道に詳しくなくても困りませんが、機械の扱いには慣れる必要があります。そして渋滞など自分のせいではない状況でも、乗客がイライラするのが伝わってくることがあるので気苦労が多くなります。しかしこの業界は60代以上の高年齢でも働くことが出来ます。車が好き、運転が好き、人とのコミュニケーションが得意な人はタクシー運転手に向いていると言えるでしょう。

求人増加中の介護士

MORE

求人増加中の介護士介護業界は就職口がなくなることはないでしょう。日本は世界的にみても高齢化社会が進んでおり、現状ではこの先30年は続くと予想されています。そのため人員不足の問題は常に消えません。ここでは介護士の主な仕事内容をご紹介しています。利用者の補助的な仕事だけではなく、経験値が上がると利用者の家族と重々に打合せをしコミュニケーションをとり今後の介護の方法や方針を決めていかなければなりません。意思の疎通がとても重要になります。また職場でのチームのマネジメント、管理も求められることになります。

コミュニケーションを活かす警備員

MORE

コミュニケーションを活かす警備員警備員というと人との関わりがないようなイメージもありますが、実態はそうではないということ、そして若年層より中高年層の方が求められる人材に近いということをご紹介しています。大切なのは社会的モラルとマナーです。若い人がそれがないというわけではありませんが、雇用する側は外見的要素や社会での経験値を重要視します。仕事内容として重要物を扱うことが多く、責任感も求められます。そのため外見的にも落ち着きがあり、社会で培ってきた協調性やモラルのある中高年層が歓迎される傾向があります。

当サイト一押しの記事