中高年の仕事探し決定版

求人サイトを活用して中高年層を歓迎してくれる業界を探しましょう

採用に結び付くポイントただでさえ就職難のこの時代に中高年というリスクを背負って転職するには相当の情報収集力が求められます。求人サイトを活用して信頼できるエージェントを探し自分の強みや弱みを客観的に見てもらうことも必要でしょう。その上で自分に合った就職先や面接での対策を共に考えることが出来ます。中高年ならではの経験を活かし面接に臨みましょう。

働きたい中高年たちへ働きたい中高年たちへ介護業界で働いていた経験を持ち、現在は自分の親の介護をするため現場から離れていますが、面接官の経験があり自分自身も中高年であるため、同じ中高年の方々にお役に立てればと思い当サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはmaturefindjob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

歓迎される業界

2015.12.23 歓迎される業界

20~30代に比べて40~50代の中高年層が転職先を見つけるのは本当に大変です。そのような状況で転職への近道はなんと言っても、中高年層を歓迎してくれる業界選びでしょう。希望の業界から転職先を探したいのは分かりますが、先にその業界が中高年層を受け入れているか、歓迎しているかを確かめてみることが大切です。希望の転職先であっても中高年層を求めていないようであれば、自分にその業界の専門的知識や業績があり、引き抜きされるほどの何かがないと困難だということです。求めている転職先が難しいと感じたら、少しの妥協は必要かもしれません。中高年層を歓迎してくれそうな業界に絞って、そこから少しでも興味のあるところを狙う方が転職への近道になると思います。

人手不足の業界

例えば、業務を習得するまでに時間がかからない業界や常に人員が足りていない業界などは狙い目です。逆に専門的な技術職など企業の戦力になるまで何年もかかってしまうような業界は中高年層を歓迎しません。企業側もコスト面や求める即戦力など様々な事情があります。どこの業界もそうですが、やはり未経験者だと給与も低くなってしまいますが、工場での簡単な作業やサービス業などは採用が決まる可能性も高いのです。工場と言うと製造業が多くなりますが、中でも技術職だと多少なりとも技術が必要とされます。よって未経験者の場合は工場内での勤務がメインになります。
常に人手が足りていない介護業界も狙い目です。人手不足の原因の一つは給与が低く仕事も大変というイメージが強いことがありますが、そのような問題解決のため介護業界全体的に待遇の見直しが図られてきていますので、長く勤めることを見据えて自分に合った資格をとって、管理職に就くこともできます。

60代以上も歓迎

最近は女性も多くなっているタクシードライバーも応募しやすく、中高年層を受け入れている業界です。この業界は40~50代だけでなく60代以上でも受け入れている上に、普通免許があれば入社してから2種免許をとることも出来るので、入りやすい傾向があります。
警備員の仕事は中高年層の男性に特におすすめです。コンサートなどのイベントや道路交通誘導、ビルの警備などニーズがたくさんあります。派手な髪形やアクセサリーをつけている若年層より落ち着いた身だしなみの中高年層を歓迎する会社も多いのです。自分に合った求人を探すのが困難であれば、求人サイトの活用をおすすめします。

当サイト一押しの記事