中高年の仕事探し決定版

経験値を活かせる!婚活アドバイザーが中高年の転職に最適な理由

採用に結び付くポイントただでさえ就職難のこの時代に中高年というリスクを背負って転職するには相当の情報収集力が求められます。求人サイトを活用して信頼できるエージェントを探し自分の強みや弱みを客観的に見てもらうことも必要でしょう。その上で自分に合った就職先や面接での対策を共に考えることが出来ます。中高年ならではの経験を活かし面接に臨みましょう。

働きたい中高年たちへ働きたい中高年たちへ介護業界で働いていた経験を持ち、現在は自分の親の介護をするため現場から離れていますが、面接官の経験があり自分自身も中高年であるため、同じ中高年の方々にお役に立てればと思い当サイトを立ち上げました。当サイトへのお問い合わせはmaturefindjob@yahoo.co.jpまでお願いいたします。

幸せな結婚に導く婚活アドバイザー

2019.6.5 幸せな結婚に導く婚活アドバイザー

中高年が活躍できる職業として、「婚活アドバイザー」に注目が集まっていることをご存知ですか?婚活は若い人の文化と思うなかれ。婚活をしている20~30代のアドバイス役として、親世代である50~60代へのニーズが高まっています。興味がある人はこのコラムをチェック!婚活アドバイザーの仕事内容や中高年が求められる理由について説明しています。世の中には、「年齢を重ねていること」がメリットになる職業もあると知ってみませんか?

婚活アドバイザーの仕事とは?

婚活アドバイザーの多くは民間企業が運営している結婚相談所などに所属しています。その中で婚活をしている会員同士をマッチングさせ、結婚に導くことが仕事です。 一人ひとりの希望に親身に寄り添い、結婚に至るまでのあらゆるプロセスにおいて、柔軟にアドバイスをしていきます。 この仕事で何よりも大切なのは「お客様の価値観に合わせた判断をする」こと。単純に男女をお見合いをさせるだけでは務まらないことを覚えておきましょう。

中高年が活躍できる理由

人生において「結婚」は自分や相手の家族にも影響を及ぼす一大イベントであり、とても大きな決断となります。婚活を進めていくうちに、不安を抱える人も少なくありません。そういった際に的確なアドバイスをしたり、お客様の悩みを聞き出したり、解決に導くことも婚活アドバイザーの役目です。 中高年は人生の色々な局面で良いとき、苦しいときを経験している世代です。そういった点で50代以上のアドバイザーには安心感と説得力あり、中高年が活躍できる理由となっています。

婚活アドバイザーになるためには

婚活アドバイザーになるために学歴や国家資格は必要ありません。なるための方法としては、結婚相談サービスを運営している会社に就職することが近道です。 とは言え、大手企業の場合は相談サービス以外にも婚活パーティーやセミナーの企画、入会促進のためのブランディング戦略や営業なども行っていますから、希望の職種に就けるとは限りません。副業として始めるのであれば、日本仲人協会に加盟し、個人のアドバイザーとして運営する方法もあります。この場合、メイン収入として利益を上げることは難しいので注意しましょう。

婚活アドバイザーとしてのやりがい

婚活アドバイザーは「相手に求めるもの」「歩んできた背景」「生活環境」などといったお客様のさまざまなニーズや情報を引き出し、綿密な段取りを持ってきめ細やかに結婚までの道のりをサポートをしていきます。結婚に対する価値観が耐用化し続ける現代において、自分の発言が顧客の人生を左右する可能性もあり、とても責任の大きな仕事です。そういった中、婚活アドバイザーとして働く人々の多くは、やりがいとして「お客様を幸せに出来ることが喜び」と感じているようです。これまでの経験を活かしながら、人々の幸せのお手伝いができる婚活アドバイザー。転職先として、検討してみてはいかがでしょうか。

当サイト一押しの記事